FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2018.07.06 (Fri)

明日場 美味しい‼️

moblog_767dbc10.jpg


我が家の明日場

明日場は 何十年前かしら?
伊豆大島で噴火した翌年 遊びに行き明日場のてんぶらを初めて頂いたのが明日場と初めてのご対面でした😉

明日場の天ぷら
moblog_4474a919.jpg


我が家も天ぷらにしました
なんと!美味しい事👍

「今日、葉を摘んでも明日には芽が出る」と形容される、強靭で発育が速いことに由来します


セリ科シシウド属の植物。日本原産で、房総半島から紀伊半島と伊豆諸島の太平洋岸に自生

葉と茎を食用。味に独特のクセがあるため、天ぷらやバター炒め、おひたし、マヨネーズ和え等、多少クセを抑える調理法がとられる。特に伊豆大島では、アシタバを椿油で揚げた天ぷらが名物料理になっているそうです

伊豆大島で頂いた天ぷらは椿油で揚げてあったんでしょうね。我が家はサラダ油でしたけど(笑)美味しかったです

旬の食材百科で調べてみると⬇️


◎がんの予防や整腸効果が期待

 切ったあしたば(明日葉)から出てくる粘り成分にはカルコンと呼ばれるフラボノイドが含まれており、これには強い抗酸化作用やがんを抑える作用があるといわれています。更に、同じく含まれているクマリンと共に抗菌作用も強い成分です。

◎アルツハイマーの予防にも

 クマリンには抗菌作用のほか、アルツハイマーの予防にも効果があるとされています。

◎ほうれん草より多いβカロテン

 あしたば(明日葉)にはほうれん草やあのケール以上にβカロテンが非常に多く含まれています。βカロテンは抗発ガン作用や動脈硬化の予防で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。

◎美容にも良い!?

 食物繊維はなんとほうれん草やケールのほぼ2倍も含んでおり、シミ・そばかす対策にも効果的に食物繊維を摂れます。

■五訂日本食品標準成分表でみるアシタバの栄養成分


今も延々と降り続いています☔
あがったらまた採取しよう!っと👍


スポンサーサイト
23:27  |  野菜  |  トラックバック(0)

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yasai007.blog.fc2.com/tb.php/3144-e1aef7b0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |