FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2018.09.14 (Fri)

ポポ ー 美味しいです😉

moblog_29bccb62.jpg


さてさてこれはなんでしょうか?


北米原産のバンレイシ科の果実で、一般的にはポポーと呼ばれている事が多いようですが標準和名はポーポーとなっるそうです

日本には明治時代にすでに入ってきていたようで、戦後になって、病害虫に強く、無農薬で栽培できるという事で庭木などに一時栽培が広く普及したようですが、なぜかその後すたれ、今では「幻の果実」とまでいわれています。


moblog_06309ccd.jpg


カスタードクリームのような美味しさです。
冷蔵庫に冷やしてスプーンで美味しく頂きました

moblog_b591a7f5.jpg


種をしっかり確保
芽が出るといいなぁ💘💘💘

ポポーの樹皮や種子、新葉にはアセトゲニンといわれる強い殺虫成分が大量に含まれているそうで、害虫に対しとても強く、無農薬で栽培できる果物とされているそうです

スポンサーサイト
23:16  |  果物  |  トラックバック(0)

2018.09.04 (Tue)

岡山のピオーネ

moblog_b5d6a2f2.jpg


大粒で甘い黒い真珠

糖度は17~18度で食味もよく黒い真珠と呼ばれブランド化された例もあります。
種無しピオーネ5月~出回り12月まで出荷されます

生産量は、山梨、長野、山形、岡山の順になります

moblog_60d6eada.jpg


こちらのピオーネは美作産です
極ウマです(*^ー^)ノ♪
23:26  |  果物  |  トラックバック(0)

2018.08.07 (Tue)

貴重なブル―ベリー 美味しい💘


ブル―ベリーは、ツツジ科のスノキ属(Vaccinium)の小果樹で、その果実が濃い青紫色に熟すことからブルーベリー(Blueberry)と呼ばれてるそうです👍

ブルーベリーには大きく分けて寒冷地向きの「ハイブッシュ」暖地向きの「ラビットアイ」、荒れ地に自生する「ローブッシュ」の3つの種類があり、日本ではハイブッシュとラビットアイが主流で、ローブッシュはほとんど栽培されていない

日本に入ってきたのは1951年(昭和26年)。しかも、民間で栽培が始まったのは1976年(昭和51年)頃。ブルーベリーの健康機能性に注目が集まり、作付け面積はますます拡大。ガーデニングブームですっかり日本でも定着。

色が濃く、鮮やかな青紫色をしているもの。果皮はしっかりと張りがあり、比較的大粒のものが👍白い粉(ブルーム)が付いているものは新鮮です。ブルームは鮮度を保つ働きがあるため、食べる直前まで洗い落とさないようにしましょう。もちろん、ブルームごと食べても大丈夫だそうです。ブルーベリーは追熟しないので、冷蔵庫に入れて保存し、なるべく早く食べましょう。

★ブルーベリーの栄養と効能を調べてみると

おもな栄養成分(可食部100g中)

ビタミンE(1.7mg)、食物繊維総量(3.3g)

注目成分➡️ アントシアニン

期待される効能➡️高血圧予防、動脈硬化予防、眼精疲労改善、がん予防、便秘改善

ブルーベリーに多く含まれているビタミンEは、血液の循環をよくしてサラサラにする働きがあるといわれているので、高血圧予防や動脈硬化予防に効果があるとされてる。アントシアニンは、眼精疲労の改善に効果が期待できるほか、活性酸素を取り除く抗酸化作用があり、がん予防にも有効といわれています。食物繊維も多く含まれ、便秘改善にも効果が期待できるそうです😂

そんなブルーベリー⬇️

moblog_7d065d03.jpg

我が家のブル―ベリー⤴️⤴️
昨年は全然、収穫出来ませんでしたが今年は少しですが収穫出来ました.写真は今日の収穫
結構、甘くて美味しい💘


moblog_84ae2935.jpg

常時出来るとこんな感じでフルーツカッティングに👍
写真のブル―ベリーは、工藤産のです
年中はないので季節外の時はチリ産などになります😢

moblog_4d02840a.jpg

ブル―ベリーって一個丸ごと飾る事しかしてなかったんですが先日、4つに切って写真の様にトッピングする技を教えて貰いました(*^ー^)ノ♪
サラダとかもですがカッティングの時もアレンジできそうです(*^-^)/\(*^-^*)/\(^-^*)




22:02  |  果物  |  トラックバック(0)

2018.07.09 (Mon)

さくらんぼ🍒が届きました

キャー😆嬉しい‼️💘💘💘

秋田のお友達が



moblog_47a065bc.jpg


佐藤錦を送ってくれました



●バラ科サクラ属 (和)桜桃/おうとう(英)Cherry   (仏) Ceries

サクランボは桜の木になる実なのですが、一般に観賞されるソメイヨシノやヒカンザクラなどとはまた違う品種の木で、、主にセイヨウミザクラ やスミミザクラなどの種類になります。 セイヨウミザクラが日本に入ってきたのは明治時代で、北海道に移植されたものが広まり東北などで発展したようです。
名前のサクランボは「桜の子=坊」で「さくらのぼう」が訛りで「さくらんぼう」と言うようになったとされています。桜が付ける桃といういみから「桜桃(おうとう)」とも呼ばれ、政府の標準成分表には「おうとう」として記載されています。


佐藤錦は「ナポレオン」と「黄玉」の交雑種といわれており、「赤いルビー」と呼ばれ、日本を代表する品種です。


🌟他の果実に比べ、エネルギーは少ないのですが、主に含まれている糖質は、体にすぐに吸収されるブドウ糖です。
🌟沢山食べると貧血に効果ありミネラルを含んでいますが、中でも鉄分を多く含んでいます。
🌟糖質、ビタミンAやビタミンC、それにリン、カルシウム、カリウム、鉄分などのミネラルそして、カロテン、ビタミンB1、B2などを少しずつバランスよく含んでいます
🌟ポリフェノール類
アントシアニンやフラボノイドなどのポリフェノールが含まれています。

🍒は鉄分を多く含まれてるんですね(*^ー^)ノ♪
       

moblog_fc1329e9.jpg


秋田の🍒 美味しいです

moblog_05103823.jpg


注文はこちらへ⬆️

こちらの🍒は木で熟したのを収穫するそうです。
なので早めに食べてね と言われましたが美味しくてパクパク食べちゃってすぐなくなります(笑)(*^ー^)ノ♪
23:23  |  果物  |  トラックバック(0)

2018.06.25 (Mon)

ぺぺ楽しみ🍅

moblog_a102a196.jpg


先日、ぺぺの苗を植えました

買った時の📷はマイクロトマトのイメージだったんですが


moblog_64f6197c.jpg


実際、できたものは思っていたより大きいです


調べてみると


🔴ペペは1個が15gほどと、ミニトマトの中でもやや小さめです。 やや小さめと(笑)
ほぼ真ん丸の形をしていて、表皮が濃い赤色に染まるのが特徴的です。

皮にはつやがあって、色が濃いのに鮮やかで、新鮮さがあります。
我が家のも一個はそろそろ食べれるものがありますね

🔴甘みが強くフレッシュだそうですがまだ食べてない
糖度が高く、甘味の強い品種です。
一般的に糖度が高めの品種でも、
株が充実するまではぼやけた味になることがありますが ペペは低段から味ののりがよく、糖度も上がりやすいので、早くから甘くておいしいミニトマトを収穫することができるそうで楽しみ💘


🔴ペペは家庭菜園でも育てやすい品種で
1段につく花の数がとても多く、着果率も高いので、1段でたくさんの実を収穫することができます。しかも花房がシングルだけでなくダブルになることも多く、1株で100個以上の実を収穫するのも、夢ではありません。
ペペなら、1株育てるだけで、
その夏のミニトマトはほぼまかなえそうなほどです。凄いわぁ⤴️⤴️楽しみです
家庭菜園でも病気に強く育てやすく、多収穫が目指せるそうです


何個とれるか楽しみですがマイクロトマトの大きさではなかったのが残念😅

22:04  |  果物  |  トラックバック(0)
 | HOME |  NEXT